ホワイトニング

  • HOME > 
  • ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、黄色く変色してしまった歯を、薬剤によって白くする(漂白:ブリーチング)治療法です。白くて自然な美しい歯に仕上げることができます。

歯の構造

私たちの歯は、外側から

  • エナメル質
  • 象牙質(ぞうげしつ)
  • 神経(歯髄:しずい)

の3層構造になっています。

 

もともと象牙質は黄みがかった色をしています。とくに日本人は一番外側のエナメル質が薄いという特徴があり、歯の構造的に象牙質が透けやすい方が多いです。

また、年齢を重ねていくと、次第にエナメル質はさらに薄くなっていきます。逆に象牙質は厚みを増していく傾向にあるため、歯の黄ばみも強くなってしまいます。

象牙質の黄ばみ解消にはホワイトニング

単なる着色と違い、黄ばみは外側からのアプローチだけでは解消できません。
歯の内部を漂白するホワイトニングによる治療が効果的です。

クリーニングとの違い

歯を白くキレイにする方法として、ホワイトニングとクリーニングの2つが比較されます。
どちらも「歯を美しくする」という目的は同じですが、それぞれの手法は異なります。

ホワイトニング

歯の内部を漂白するして白くする

クリーニング

歯の表面の汚れを落としてキレイにする

クリーニングでは、歯の着色汚れを除去することはできます。
たとえば、コーヒーや紅茶、茶渋などのステインや、タバコのヤニなどを除去することが可能です。

しかし、象牙の黄ばみは白くすることができません。その場合は、ホワイトニングによる漂白をおすすめします。

 

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングを施した歯は、通常の歯よりも着色汚れが付着しにくいという研究結果が報告されています。

日頃からしっかりとブラッシングケアをしている方で、

  • 歯の黄ばみが目立ってきた
  • 大事な日の前に歯を白くしておきたい
  • 着色汚れを防ぎたい

という場合は、一度当院へご相談ください。

3つのホワイトニングプラン

患者様のご希望に合ったプランをご提案

ホワイトニング方法には、

  • 歯科医院で行うオフィスホワイトニング
  • 家庭で行えるホームホワイトニング
  • 2つを併用するデュアルホワイトニング

以上、3つの方法があります。

料金のご案内
ホームホワイトニング 33,000円
オフィスホワイトニング 33,000円
デュアルホワイトニング 55,000円

※ すべて、税込表記です。

患者様の歯の状態やご希望に合わせて、最適なプランをご提案いたします。

各ホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行うホワイトニングです。
高濃度の専用薬剤と光線を用いて歯を白くします。短時間で歯を白くしたい方におすすめです。

当院では「オパールエッセンスブースト」と呼ばれるホワイトニング材を使用しています。個人差はありますが、約1時間から2時間の施術で結果を得られます。
※ ホワイトニング後はコーヒーやワイン、カレー、喫煙など着色しやすい飲食の摂取は避けて下さい。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で気軽に行えるホワイトニング方法です。
ご自宅でご自分のペースで行えるとうメリットがあり、歯の白さを持続させることができます。

ホームホワイトニングの施術方法

従来のホームホワイトニングでは、患者さまのお口に合わせた専用のトレイ(マウスピース)作製が必要でした。当院ではトレイ作製が不要なホームホワイトニングをご案内しています。ご自身で好きなときに、ホワイトニングを行うことができます。

既成トレイにホワイトニングジェルが充填された新しいタイプのホームホワイトニング材「オパールエッセンスGo」を使用します。口腔内の体温によって歯列に合わせ形が変形するため、使用後のお手入れがいりません。また、過酸化水素6%が含まれた低濃度のホワイトニング剤なので、安心して使用して頂けます。

ホームホワイトニングは医師の指導のもと、安全に行って下さい。

 

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う方法です。

短時間で即効性のあるオフィスホワイトニングと、効果を持続させるホームホワイトニングを組み合わせることで、さらに白く、透明感を出すことが可能となります。

2つの方法を併用することでその分費用はかかりますが、色戻りもしにくく、白い歯を保つことができ優れた効果を実感していただけます。

歯の変色の原因

歯の着色や黄ばみが気になる方へ

歯は様々な要因から変色していきます。変色の原因を理解しながら、ご自身にあった方法で定期的にメインテナンスしていきましょう。

 

内側からくる変色
加齢による変色

歯の象牙質は淡いクリーム色ですが、加齢により象牙質の色が濃くなります。
毎日の歯磨きや食事でエナメル質も薄くなり、内側の象牙質の色が透けて見えてくるようになり、歯が黄ばんでみえます。

薬剤による変色

歯の象牙質は、テトラサイクリンという抗生物質でも変色します。
永久歯の象牙質ができるのは、乳児から7歳くらいの間です。この期間に、テトラサイクリンを長期間摂取すると、象牙質に色素沈着をおこし、歯の色が濃くなったり、縞模様ができたりします。

神経を取ることで変色

歯の神経が死んでしまったり、神経を取ってしまうことで、歯に栄養が届かなくなり象牙質が変色します。

 

外側からくる変色
着色しやすいもの
  • タバコのヤニ
  • 口紅

などは、着色の原因となりますので注意が必要です。

歯に着色しやすい飲食
  • 赤ワイン
  • コーヒー
  • オレンジジュース
  • トマトジュース
  • 緑茶
  • 紅茶

など色の濃い飲み物をはじめ、

  • カレー
  • トマトケチャップ
  • 醤油
  • チョコレート
  • ぶどう

など、色の濃い食品や果汁も着色の要因となります。

tel:022-794-8221
TOPへ戻る