唾液検査システム

  • HOME > 
  • 唾液検査システム

虫歯・歯周病のリスク回避

唾液検査とは

唾液検査のメリット

唾液は人によってその性質や分泌量、細菌の数が異なります。

唾液検査では、

  • むし歯の直接的な原因となる細菌
  • 細菌感染が起こりやすい口腔環境

を調べることができます。

それによって、むし歯や歯周病になりやすい体質かを判断できます。

きとう歯科クリニックでは唾液検査の結果に基づき、お一人お一人に合わせた「予防治療」を行っています。

「痛くなってから歯医者さんへ行く」のではなく、「痛くならないために行く」という意識を持っていただくためにも、当院では唾液検査をおすすめしております。

自身の歯に対する意識を高めていくことが、むし歯予防や歯周病予防を実現するためのスタートラインです。

唾液検査をおすすめする方
  • むし歯になりやすい
  • 過去にむし歯治療した歯がたくさんある
  • むし歯や歯周病を予防したい

など

唾液量が少ないとこんなリスクも・・・

唾液検査|仙台市で唾液検査による虫歯予防は、きとう歯科クリニック唾液には口腔内を清潔に保つ働きがありますが、唾液の分泌量が少ないと口腔内環境に悪影響を及ぼします。

口臭の原因

唾液には口腔内の自浄作用、殺菌作用があります。
分泌量が不十分だと細菌の繁殖へつながり、口臭の原因となってしまいます。

歯周病リスク

唾液分泌量が不十分で、口腔内に細菌が繁殖しやすい環境になってしまうと、歯周病のリスクも高くなります。
また、近年では子供の歯肉炎の症状が増加傾向にあります。大人はもちろん、お子様の予防対策も重要です。

ご自身の唾液の状態を把握することで、むし歯予防・歯周病予防へとつながります。

唾液検査によって、早期から適切な口腔ケアを実施できます。

上記のようなリスクを未然に防ぐことができますので、一度お試しください。

当院で導入している唾液検査システム

唾液検査システムSMT(サリバリーマルチテスト)

検査時間はわずか5分

当院では、唾液検査システムSMT(サリバリーマルチテスト)を採用しています。

SMT唾液検査では、

  • むし歯菌
  • 酸性度
  • 緩衝能
  • タンパク質
  • アンモニア
  • 白血球

の6項目の唾液因子を測定することができます。

検査のながれ

患者様には、10秒間ほどお口の中を軽くゆすいでいただくだけです。
あとは検査結果が出るまで、少しお待ちいただきます。

お待ち頂く時間も合わせて、検査時間はわずか5分ほどで終了します。

 

唾液検査で数値化できる6項目

歯の健康に関する指標

むし歯菌

むし歯菌の多い口腔環境は、歯に歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。

酸性度

唾液の酸性度が高いと、歯の表面のエナメル質が溶けやすい環境になります。

緩衝能

唾液は、むし歯菌や食物由来の酸を中和する「緩衝能」という役割を担います。
しかし、この作用が弱いと、エナメル質などの歯質が溶けやすくなります。

歯茎の健康に関する指標

白血球

歯と歯ぐきの間に細菌が増殖してしまうと、防御作用により唾液中の白血球が増加します。

タンパク質

口腔内の細菌や、歯と歯ぐきの間のプラークによって、唾液中に含まれるタンパク質の量が増加します。

口腔清潔度に関する指標
アンモニア

口腔内に細菌が多いと、唾液中のアンモニアが増え、口臭の原因となります。

tel:022-794-8221
TOPへ戻る